プロフィール

ASIGAN MASTER

Author:ASIGAN MASTER
MAGICは妄想力だ!

MAGIC BAR ASIGAN
滋賀県甲賀市水口町北泉1丁目50-2
OPEN 20:00
CLOSE 25:00


訪問者数

現在の閲覧者数

星が見える名言集100

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ジオターゲティング


ジオターゲティング

バロメーター

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
まずは下の2つの動画をPCで観てくれ。






7年間。

そして60億kmという長旅を終え帰ってきたはやぶさ。

幾度となく、「不可能」を「可能」にし、使命を完了したはやぶさ。

この1つの目標を完遂するということ、そしてそれに伴なう努力にあこがれを感じるのはおいらだけじゃないはず。

この動画は地球に帰還するのが間違いないとわかった段階の動画みたいだけど、2010年6月13日にはやぶさは帰ってきました。

おかえり、はやぶさ。涙、超出たわ。
スポンサーサイト
本人が嫌がると思います。そして多分怒られると思います。


でも声を大にしてみんなに伝えたいことがあります。伝えたい人がいます。

西村社長。

㈱Avail・NIJIPROの社長さんです。

昨日のウェディングに西村社長の人柄が顕著に出てるのでご紹介します。おいらはマジックしか携わってないでので、2割くらいしか伝わらないと思いますが。

実は昨日のウェディング、サプライズだったんです。

事前に念入りな打ち合わせをしてたそうです。

モビーディックさんやクリスマスチャリティーパーティーとかでも忙しかったハズなのに。

昨日のウェディング、実は新婦さんのお母さんの体調が思わしくないらしい。

しかし、サプライズの為、愛知県までご両親のビデオ撮影をしに行ったとのこと。

事前に承諾を得てたらしいんだけど、その承諾もゴリ押しってカンジで、実際に行ってもお父さんから断られそうになり、お願いにお願いをかさねてなんとかお家に上げていただいたそうです。

その後はいろいろとご両親とお話したそうです。

新婦さんのヒアリングシートに将来なりたかったものは「キリン」と書いてあった。新婦さんはなぜそう思うのか良く覚えてなかったらしい。

西村社長が聞いてみると。

お母さんは声を詰まらせ泣き出した。

お母さんはちゃんと覚えてた。

新婦さんが子供の頃、お母さんが読んで聞かせた絵本。

それが元になってるとのこと。

幸せになれるキリンのお話。

その話を聞いた西村社長は帰宅後即買いしたらしい。

こんな思い出のある絵本って普通演出としてはおいしいじゃん?プランナーとしては壮大な演出になりうるじゃん?

演出無しで渡したそうです。1日遅れのクリスマスプレゼントとして。

西村社長の人柄が見えますよね。

その他にも新郎さんは小学校の先生なので校長先生が生徒たちの声で「Happy Birthday To You」の歌を 「Happy Wedding To You」って替え歌として流し乾杯!とか。

新婦さんにはキリンをモチーフにした花束のサプライズとか。

たくさんの最高の演出でした。

おいら達もマジック頑張りました。お母さんの体調のことはあえてステルスとヒロには話してませんでした。いつも通りやれば大丈夫だと信頼してたしね。予想通りあちこちで歓声が上がってました。

お母さんはいつも以上に体調が悪かったとのこと。

たくさんのステキなことに包まれ最後までお母さん参加してくださったとのこと。

おいらもマジックという媒体で参加できたことを誇りに思います。

そーいえば・・・今回のギャラの金額を聞いてなかったな・・・と思い、北さんに「いくらなん?」と聞いたら

「西村社長のポケットマネーなんで、いつも通りでいいですよ」と。

後日、ギャラのお断りの電話をしました。

それでも西村社長は

「仕事を頼んだのだから、ちゃんと受け取って」と。

食い下がるおいらに対し

「じゃあ、半分だけでも」

ということで折り合いをつけました。

こんな西村社長と一緒に仕事してるのを誇りに思います。

乱文・長文でしたが西村社長の人柄が少しでも伝わればなと思い、書きました。

来年も一緒にがんまりましょー!
感動的な映像をご紹介します。携帯からの方は是非パソコンでみてください。


メジャーリーグでのお話なのですが、試合前に国歌斉唱を行います。

2007年6月の試合ですが、この日は身体障害者のためのイベントナイトが催され、アメリカ国歌独唱に自閉症の人が歌うことになりました。

彼はゆっくりですが、はっきりとアメリカ国歌を歌い始めます。緊張からか、自閉症の症状なのか、彼は歌の途中で笑い出してしまい、上手く歌えません。隣で手話をしている方もちょっぴり困った顔・・・

そんな彼を、やがて観客全員が手助けしはじめます。

そんな映像をお届けします。



涙腺が壊れるとはこのこと。心の洗濯でした。
「マスター、凄いね」


マジックをすると良くそんな言葉を頂戴します。

でもね、そこにはさまざまな要素があるんです。お客さんの純粋に楽しもうという気持ち。そしてスタッフの気遣い。おいらの「凄い≒尊厳」は皆さんの優しさから構成されてたりもします。

例えば、顔にハナクソがついていたとします。あなたはどうしますか?公衆の面前で声を大にして教えてあげますか?多分そうではありませんよね?こそっと教えてあげると思います。その人の尊厳が損なわれないように。それが優しさだと思います。

携帯から見ている方は是非パソコンで見て欲しいのですが、以下の動画もそんな動画です。

多分海外のTVで、ドッキリちっくな映像なのですが、人々の優しさそしてシスターの尊厳を保つというのが顕著に現れた例だと思います。

シスターが人々と接しています。別れ際にシスターが落し物をします。人々はシスターが落し物をしたことに気づくのですが、なんとそれは男性の裸の写真だったのです。さてさて次に取る行動はいかに?



海外の一般人の反応なのでしょうが、普通にそして自然にあんな優しさを持ち合わせた人間になりたいですね。
小さい頃の持ってたぬいぐるみ。


皆さんはそんなぬいぐるみの思い出ってありませんか?おいらにはあります。

子供の頃。超がつくほど純粋だった子供の頃。当時放送していたあらいぐまラスカルのぬいぐるみ。黄色なのに真っ黒になっても持ってました。新しいぬいぐるみも他のおもちゃもそのラスカルのぬいぐるみの代わりにはなりませんでした。

そんなラスカルのぬいぐるみのことを思い出しました。

ちなみにおいらは号泣しましたので、会社とか公共の場とかからでの閲覧はお勧めできません。

あと、携帯からは見れませんので、いつも携帯から観てる方は是非パソコンから見てください。素敵な曲です。



映像が乱れたのは、あなたの純粋な気持ちからでる涙のせいですよ。
// ホーム // 次のページ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。