プロフィール

ASIGAN MASTER

Author:ASIGAN MASTER
MAGICは妄想力だ!

MAGIC BAR ASIGAN
滋賀県甲賀市水口町北泉1丁目50-2
OPEN 20:00
CLOSE 25:00


訪問者数

現在の閲覧者数

星が見える名言集100

カレンダー

01 | 2007/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

ジオターゲティング


ジオターゲティング

バロメーター

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
風邪引いちゃいました。


インフルエンザ?

良く食べて、良く寝て、健康優良児のハズなのですが・・・







あ・・・







食べすぎ?寝すぎ?不摂生なのか?
スポンサーサイト
今の進化は目を持ったことによって引き起こされた。


進化論の新説なのですが、今から5億4000万年前のカンブリア紀に今の生命の祖先のほとんどが誕生したと言われています。いわゆるカンブリア爆発と呼ばれるものです。

このカンブリア爆発には諸説があって、よくわからないのですが、生命が誕生して40億年も経つのに、35億年もこれといった進化もなく、5億4000万年前に突如、凄いスピードで進化し始めたのは事実のようです。

そこで、新説が登場しました。

生命が誕生して、35億年間全く進化が無かった訳でもなく、少しは進化していたということは認められています。その中に「目」を持ったものが現れました。

これがカンブリア爆発を引き起こしたというのです。「目」があれば、目的地が見え、そこに到達する為の移動手段である手足が進化する。

食べ物を見極めることが出来るようになると同時に、天敵も見えたりしてどうやって捕食するか、どうやって逃げるか、味覚とか、脳も発達したことでしょう。

まぁ、いろいろあるでしょうが、さまざまな進化の中で目を持ったことが現在の進化を引き起こしたというのです。

ちょっと考えてみました。

チベットとかの宗教で言う第3の目。例えば、服が透けるように見える目だったり、心が見透かせる目だったr・・・・( -_=)=○)Д゜);: ぐはっ

ごめんごめん・・・暴走しましたが、第3の目とは物の見方の事です。

例えば、マジックを違う視点で見る目だとか、ネガティブな事象をポジティブに見方を変えれる目だとか。

明日からは第3の目を意識して物を見るように努めます。
タネはあるんやろ?マジックなんやから。


そんな夢の無いことをおっしゃる方がいます。不思議な現象。それは紛れも無く目の前で起こる。それがマジックであり、それを演じるのがマジシャン。

で、その不思議な現象を今までの培った知識で考えるんでしょうけど、やっぱりわからない。理解できない。それがマジック。

不思議な現象=ステキな現象=夢のような現象。

マジックとして現象を受け入れると、マジックって素晴らしいもののような気がするんだけどなぁって思います。それは演じているマジシャンが素晴らしいのではなく、現象が夢があってステキだなぁって。

「信頼せよ。されど検証せよ。」

元レーガン米大統領の言葉ですが、現象を信頼し、検証しても不思議。だから楽しい。こんな単純な考えってダメなのかなぁ。ちょっと使う意味は違うかもしんないけど。

まぁ、楽しいことならなんでも好きなおいらなんですが、その楽しいことの最終形がマジック。

まぁ、難しいことは明日にしといて、とりあえず現象を楽しんでください。
困りますよね。


買い物があるから、お店に行くんです。目的の物がそこに売ってあるからそこのお店に行くんです。

でね、遠くからはいつもと変わらない。中を清掃してるから休業しているお店。清掃しているから、いつもと同じようにお店の中は明るかったんです。

入り口の手前にも休業とわからずに、来てしまった女の子が。いやね、見ちゃうじゃないですか。まだ、休業と気がついてなかったおいら。

「なんで、こんなとこでウロウロしているんだろう・・・」

ね?決して見とれてた訳じゃないんです。自動ドアが開かずにぶつかったのは見とれてたからじゃないんです。女の子を嘗め回すように見てた訳じゃないんです。

おいらが自動ドアにこれでもかっ!ってゆーくらいの衝撃でぶつかったのは、臨時休業してたあのお店が悪い。

おいらの下心は悪くないです。
忙しい夜でした。


その中で広告を見て来たという4人組の若いお客さんがご来店。男1の女3で。男の子は世間で言うイケメンってやつなんかな?おいらの500倍くらいカッコいいかも。う~・・・ちょっとだけそのカッコ良さをわけてくれいっ!ってカンジです。

んで、女の子なのですが、作業服やって言ってたけど、それがとてもカッコ良く見える女の子。もう1人はキレイ系なのかな?最後の1人はかわいらしい子。4人とも個性があるのですが、それぞれがポリシーってゆーか、自分を持ってるってカンジの子達でした。

その中の3人はマジックを見るってゆーのが初めてらしく、特に誰とは言いませんが、一番左に座ってたあなた!最後は壊れてましたね(笑)

まぁ、あまりお客さんのことはここに書かないのですが、4人と約束したしね。ちゃんと書いたよ(^0^)



ちゃんと壊れたことも。
珍客です。


今夜来たお客さんなのですが、扉を開けると

「1000円しか無いし、いい?」

いきなりの発言でした。ちょっと困惑しましたよ。よくよく話を聞いてみると、酔ってるみたいでして、お金が無いとの事。おいらは別に構わないのだけれども、やっぱりお店としてそのお客さんだけ特別扱いするわけにもいかないので

「う~ん・・・セット料金になってるから、また今度お金がある時でいいかな?残念だけど、特別扱い出来ないのよね」

と言ったんですが、解ってもらえない様子。

「いや、ホンマにお金ないんやわ。ね?お願い!ずっといるし」






・・・・いや・・・ずっといてもらったら困るんですけど?






まぁ、でもマジックを本当に見たそーなお客さんだったし、本当に演じてあげたかった。でも特別扱いできないのよね。本当に残念だった。最後は丁重にお断りして、理解してもらった。

なんか、「お金が無いと演じない」みたいで、ちょっと自分がイヤになった。
高校生くらいの時のお話です。


おいらの家にNHKの衛星チューナーが設置されたんです。当時おいらはラグビーをやってまして、父親もラグビーをやってました。それでNHKの衛星放送って当時マニアックな海外のラグビーを放送してたんですよ。もうね、親子でTVにかじりつくことスッポンの如し。五ヶ国対抗やオールブラックスなど、当時としてはマニアにしかわからない試合が放送されてたんです。

まぁ、いくらその為だけに衛星放送を設置したからといって、試合以外は見ないってことはありませんでした。それがこの絵画教室です。

当時おいらはこの番組を見て、「なぁ~んだ、簡単に描けるじゃん」とも思いました。この絵の先生のボブっていう人が凄い人なんです。

そんな映像を発見しましたので、お届けします。

10数年ぶりに見ましたが、ボブ先生の言葉が凄く好きです。この映像の中には出てきませんが

「あなたの感じるままに描いてください」

「私は家ではゴミを捨てることしかできませんが、キャンパスの上でならどんな空想でもできます」

「描くんじゃなく、筆で遊ぶんです」

「失敗じゃなく、ハプニングを楽しみましょう」

高校生の時は恥ずかしくて口に出せなかった言葉がずらずらっと出てきます。でも、今それが一番大事なことのように思えます。

宵の海その1


宵の海その2


宵の海その3
鍋パーティーです。


以前にも鍋パーティーはしたのですが、参加できなかった方のご要望にお応えして、またもや豆乳鍋でレッツ!ハッスル(死語)です。

今回もお昼から用意したのですが、この用意してる時も楽しい♪今回は3人で用意したんですが、買出しや仕込みの時の妄想というかくだらない話がすごくおもしろかった。

で、19時過ぎから始めたのですが、これまた楽しすぎ♪おもろい話やマジックで盛り上がり、なんと!今日お誕生日の子が!

お誕生日マジックも演じて更に盛り上がりました。途中、みんなで写真撮ってお店に貼ったりなんかもしましたよ。

いやぁ・・・・こんだけ盛り上がると、近いうちにまたやっちゃいそう。
ふと思ったんです。


MAGICって何のためにやってるんだろうって。

確かに昔っからMAGICが好きだった。生まれて初めて読んだMAGICの本も生まれて初めてやったMAGICも覚えている。

初めて読んだ本は20数年前のいつか(←すっかり忘れている)、いや小学校低学年の頃なんだけど、学校を休んだ友達にプリントを持ってった時にその友達の家で読んだ「忍者とマジックの秘密」だった。多分そんな名前。学研かなんかの本だったと思う。MAGICと同時に忍者のことも好きになった。確か、同じ本を親に頼んで買ってもらった記憶がある。カバーがボロボロになって取れた後も大事に本棚にしまっていた。

そして、初めてやったMAGICはその本に載ってたMAGICで友達が転校するってんで、送別会の時にやったMAGIC。空瓶の上で10円玉が動くというやつ。いまでも鮮明に覚えている。

数年前から本格的に専門的なことをやり始めたんだけど、ちょっとしたMAGICや不思議なことは昔から好きだった。

そんなことを思い出してたら、ちょっと思ったんですよ。おいらはおいらが不思議なことを出来るのを人に自慢したいのかなって。コインが消せる。これを人に自慢したい。不思議やろ?凄いやろ?って。

なぜこんな事を考えたかってゆーと、ちょっとしたキッカケがあったんで、考えさせられました。それは、同じマジックでも演じてる人が愉しんでるMAGICもあれば、お客さんが大爆笑するMAGICにもなることに気がついたんです。

結論なんだけど、確かにMAGICが好きな人もいるだろう。見るのが好き。演じるのが好き。MSGICの特殊な考え方が好き。でもね、今のおいらは「相手が愉しんでもらえるのが好きだからMAGICが好き」。

多分、相手がいなかったらMAGICに没頭しなかったって思う。MAGICそれ自体は不思議なことなんでしょうけど、相手が楽しめないMAGICは確かに今、演じていない。新ネタを思いついたり、購入したりしても「アカンな」って思ったら、演じてないもんね。

人を愉しませる。その手段としてのMAGIC。今考えるとMAGICを始めた理由が本末転倒なことになっちゃうけど、改めて考えて今ハッキリと言える。

おいらがMAGICを続けている明確な理由。


「より多くの人を愉しませるために」


たまには、初心に戻ってハッキリさせると気持ちが新鮮になっていいのかもしれない。
まだまだ寒いです。


暖冬暖冬と叫ばれてますが、ロンTと薄手のスカジャンで街をウロウロしてしまいました。

いやね、大津の方に行ったんですよ。とあるイベントに行きまして。場所がわからず迷ってしまい、ウロウロと。

お昼くらいに行ったのですが、お腹がすいてましてね。ラーメンを食べたんですよ。

ちょっぴり太めのおいら。ラーメンを食べて汗をかくなんぞ朝飯前なんです。昼飯のラーメンで汗をかくのが朝飯前なんです(←何を言ってるんだ)

それでですね、その汗が寒空の中でブリザドくらったようになっちゃいまして、寒いのなんのって。

鼻水は出てくるわ。寒空の中、汗でほっぺたをぬらすわ。軽装で歩くわのちょっと変な人になっていました。

あぁ・・・道行く人たちの目が・・・・






カイカン♪
結婚式でのマジックショーに行ってきました。


今回は、お昼からと夕方からのダブルヘッダーでして、そりゃ疲れたなんのって。

見知らぬ人へのストリートマジック。結構体力消耗しちゃうんです。









なかなか痩せませんけどね。
ADSLから光へ。


工事も無事終わって、我が家も光通信となりました。

表示が速くなりました。

日記更新が速くなりました。









抜け毛も早くなって頭皮が光放ったりして(ぉぃ)
今夜のお客様はセレブな奥様3人です。


まぁ、今夜のお客さんの中に、ご年配のおば様達3名が来られたんですよ。話の中で

「MASTER、白菜が爆発したんやわ」
「そうそう、あんたの家、白菜爆発したんやわねぇ」
「ちょっと聞いたってや」

って言うんですよ。

白菜が爆発したって、そんなアンビリーバボーなことが日常で起こるなんて・・・マジックみたいやなって思ったんです。

事のあらましはこうでした。

それは寒い日のことでした。台所が狭かった奥様は、床に新聞紙をひいて、その上に白菜を置き、それを包丁で真っ二つにしたそうなんです。すると中から玉のような男の子が・・・ってゆーか火の玉が出たかと思うくらいの爆発光と共に、白菜がコナゴナに爆発したそうなんですよ。

白菜まみれの奥様。外の寒い風の音と石油ファンヒーターの音の中、白菜まみれの奥様が途方に暮れてたんだそうです。手に持った包丁はちょっぴり欠けてたそうなんです。

「あぁ・・・白菜って爆発するんだねぇ・・・」

そう奥様は思ったそうです。

数日後・・・

その爆発の影響か何かわかんないんですけど、石油ファンヒーターまで壊れてしまったそうなんです。で、どこが故障したのかなって思って調べたところ・・・

電源コードが何か鋭利な刃物で途中まで寸断されたそうなんです。

そうです白菜の下の新聞紙の下には石油ファンヒーターの電源コードがあったんです。そのコードごと包丁で切っちゃったんで、白菜が爆発したんですね。



※注意:白菜それ自体では爆発はしません。
若かりし頃、1000個以上貰った伝説があります。







麦チョコを袋ごとですが_| ̄|○

今年もたくさんのチョコありがとうでした。全部おいしくいただきますね。

豚は太らせて食えって言いますが、太らせるだけ太らせて離れていかないでね(えへ)
髀肉とはふともものこと。


語源は中国の三国志時代からで、劉備玄徳が戦いも無く平和で退屈な日々に太ってしまったふとももを見て嘆いたことに由来します。おっと、知的な部分をさらしてしまいましたね。



知的でしたら、もっと考えての食生活や運動で、髀肉どころか腹肉で嘆いてません。

明日はチョコレート食うぞ!←ばか
魔法の本。


なんかインチキ臭いですね。でもね、手に入れちゃったんです。その名も「魔法の杖」。ちょっと試してみたんですが、これがなかなかのもの。ハマります。

070212_200904.jpg


どんな魔法かという事を言っちゃうと面白くないので、是非お店で試してみてください。

特に悩みや願いなどお持ちの方。この魔法の本で活路を見出すと良いかもよ。
久々に遊んだってゆー気がします。


今日は4人でおいらの家に集合。

そしてまずはセレブ昼食。うなぎを食べに行きました。鰻重。肝吸い。白焼き。堪能しました。

お腹が膨れたところで、ボーリングへと。

実はおいらボーリングがニガテ。この世から消してやりたいくらい。ボーリング場へ。貸切でした・・・

おっ!神降臨か!おいらにボーリングは似合わないと。でもね、近くにボーリング場はもう1つあるんですよ。残念ながら。まぁ、行けば神再び降臨しちゃって、出来ないんじゃないかとあま~い期待を胸に到着したんですが、さすがに降臨しておりませんでした。

4人で申し込み。神降臨して3人って間違えないかなって思ったりもしたんですが、無理でした。とりあえず、靴レンタルして、コーヒー買って、ボール用意しました。

あのね、ボーリングって、玉真っ直ぐいかないじゃん?(←おいらだけ)。手はだるくなるし、ピンが倒れた倒れなかったで一喜一憂。真っ直ぐ行かなかった玉で凹んでるのに、更に追い討ちをかけるあの溝が憎い!「G」って何?なのに、全レーン埋まっちゃうくらい賑わってるし。おいら達の分のレーンだけ開いてるし。こんな神降臨いらねー。

まぁ・・錯乱しちゃいそーなボーリングなのですが、ここは覚悟を決めなければなりません。

070211_145443.jpg


おいらって、スコア100いくかいかないかくらいのヘタさなんですよ。でもね、平均120くらい出たんです。最高は3ゲーム目(調子に乗ってた)の140ってゆー神降臨さ。




ボーリングっておもしれー。
感動した動画なんですが、携帯からの人もわかるようにちょっと書きます。





シンデレラは意地の悪いお姉さんや継母にずっと苛められてました。

終わり。


王子様は悪い魔女によって何百年もカエルのままで生活してました。

終わり。


キレイなアヒルの子供達の中に1羽だけ灰色のみにくいアヒルの子がいました。

終わり。


全てツライお話です。でも、待って!最後はどうなるか知ってるよね?

シンデレラは王子様と結婚。カエルは王子様に。そして、みにくいアヒルの子はキレイな白鳥に。

そうです。






人生の素敵なことは、だいたい最後のほうに起こる。





今はツライかもしれない。でも、頑張って自分の物語をハッピーエンドにしよう!
その物に秘められた真意。または気持ち。


今日、お店でお客さんから頂いた。
070211_103447.jpg


お財布です。

お客さんの趣味で、手作りです。

牛皮で手縫いの財布。そして、金属加工されたフック。世界一頑丈な靴紐で編みこまれたウォレットロープ。

世界に1つしかない、おいらの為だけのシロモノです。

財布だけにかかわらず、お金さえ出せばなんでも手に入る世の中。その中で世界に1つしか無いものが好きなおいら。

「これって1点ものです」

「じゃあ、買います」

と言っちゃうおいら。

でもね、それらよりすばらしいこと。それは手作り。手作りってその人の想いが秘められていると思う。一球入魂じゃないけど、ウォレットロープを1つ1つ編みこんでいる時の気持ち。牛皮を1針1針縫いこんでいる時の気持ち。

マジックでもそういう風に心がけている。同じ現象を100回しても、1つとして同じマジックは無いんじゃないかな?その時の言葉や、ちょっとしたルーティンの変化。

練習したマジックを披露しているんじゃなくて、演じている時はその時のお客さんの為だけのマジックになっている。同じ現象であっても、披露したマジックはその時のお客さんの為だけのものなんだと思う。

それは現象にかかわらず、そこにある気持ちを大事にしているから。

うまく言えないんだけど、おいらはそういう気持ちが秘められている物が大好きです。いっぱい持っています。お店にもいっぱいあります。家にもいっぱいあります。

今は疎遠になってても、その物がある限りおいらはその人のことを思い出します。
このマジシャン凄ぇ!


残念ながら携帯の人は見ることは出来ませんが、パソコンから是非見てください!







ネタっぽくてごめん!
増毛お守りがあるよというメールを頂きました。


以下、nikkansports.comより


チョロQ増毛に効果!?6000台完売
 チョロQが増毛に効果!? 北海道のバス会社が売り出したチョロQがインターネットなどで、話題になり、限定6000台が完売した。映画「駅 STATION」の舞台となった北海道北西部の日本海側、増毛(ましけ)町を実際に走っていたバスをモデルにした「増毛」行き、ナンバー「け23-23(ふさふさ)」の1台。収集家だけでなく、髪の毛の悩みを抱える人々からも問い合わせが相次いだ。

 収集家のコレクションにすぎなかったチョロQが髪の毛の悩みを抱える人たちのお守り? として一躍脚光を浴びた。沿岸バス(本社・北海道苫前郡羽幌町)が発売していた「増毛」行き、ナンバー「け23-23」のチョロQ。かつてニシン漁で栄え、高倉健主演の映画「駅 STATION」「網走番外地」のロケ地としても知られる増毛で実際に昭和50年代後半まで走っていたバスをモデルにした。

 昨年11月に1個800円で6000台限定で販売開始した。発売当初は北海道内やチョロQ収集家、当時を知る利用者などが購入していただけだった。しかし、インターネット掲示板「2ちゃんねる」などで、行き先板の「増毛」や「け23-23」のナンバーが話題になると、髪の毛の悩みを抱える人たちが、お守り代わりに買い求め始めた。購入者からは「とても気に入った。主人も薄くなってきたので」「知り合いの頭が寂しい人へのプレゼントに」といった声が続々届き始めたという。

 沿岸バス営業本部の斉藤寛さんは「反響のすごさにびっくり。箱にも仕込みがあって、フタには毛のない人のイラストがついてます。地方のバス会社にも遊び心があるよという感覚なんですが…」と笑いながら話す。購入希望の声は相次いでいるが、限定6000台は完売した。追加販売は残念ながら「リクエストはあるのですが、今のところ予定はないです」(斉藤さん)という。

[2007年1月21日23時53分 紙面から]


残念ながら、完売で追加販売も無いようです。残念!ってゆーか、まだありますし!

今年初の美容院に行ってきました。


もうね、髪が伸びて寝ぐせが尋常じゃないんです。ちょっとやそっとじゃ治らない。帽子をかぶっても帽子が浮いちゃうくらい。そのくせ、年齢のせいですかね。セットしても「ヘナッ」ってせっかく立てた髪も寝ちゃうんです。栄養が行き届いてないんですね。

でまぁ、この問題を打開すべくですね、「髪切っちゃえばいいか」という安易な考えのもと、美容院に行ってまいりました。他力本願です。

ここの美容院はもう9年通ってるんですが、ここの美容師さん曰く、おいらは結構髪型にはウルサイそうなんです。ここをもうちょっと短くだとか、ここをもうちょっとこうしてくれだの、困ったお客さんらしいんです。

「あなたは困ったお客さんです」そう直接言われたら傷ついちゃうんで仰らないんですが、まぁ、そんなカンジのお客さんなんですよみたいなことを言われたことがあります。

そう言われれば、そうなのかもしれない。でもね、それは以前のお話。今はね「短く、今風で」しか言わないですからね。きっと良いお客さんのハズです。

「短く、今風で」の発言後睡眠へと突入。で、寝てる間に終了しました。ちょー短く。もうねツンツンです。ワックス無しでも立ってます。ワックスに頼らず、毛根でセット。髪の生えている方向に立ってます。でもね今日は良いお客さんだったハズです。

寝てただけですから。

お店で寝るというタチの悪いお客さんだったかもしれない。それはまた別のお話。

しかし・・・





短すぎて、寝ぐせが治りません。

ま、寝ぐせの為だけに髪切った訳じゃないですから良いので、結構気に入ってます♪
あなたがわたしにくれたもの♪


体脂肪と加齢臭♪_| ̄|○

過ごした年月がおいらにくれたものです。ほっといて!そっとしてあげて!


スタッフがプレゼントしてくれました。どっちが表でどっちが裏かわかんないけど。
070205_232045.jpg

070205_232030.jpg


大事にします♪
毎日のイベント。


それはご飯とトイレと睡眠。

一日の3大イベントです。まぁ、それ以外にコンビニとかシャワーとか日常のなんでもない事をイベントだって思うと、毎日が楽しかったりします。

おいらが昔ゲームに没頭してた頃、ドラゴンクエストと言うRPGをやってたんですが、その2大イベントが「ぱふぱふ」と「えっちな水着」だったんです。

どこかの町でおんなの子が「ぱふぱふ」してくれたり、女性キャラクターの装備が「えっちな水着」だったり。

あぁ・・・本当にどこかの町で「えっちな水着」を着たおんなの子が「ぱふぱふ」してくれないかなぁって思ってた若き日々もありました。移動手段はチャリでしたが、どんなに遠くても行ってたかもしれない。野宿してでもね(はぁと)

まぁ、そんなイベントなど無い!って大人になって、夢を砕かれましたが、ちょっとしたイベントは日々の中であったりもします。

んでね、とあるコンビニに行ったんですよ。コーヒーを買いに行ったのですが、まぁ・・・目的のコーヒー置き場に直行して、すぐレジに行くのも味気ないので、一通り店の中を徘徊するじゃないですか。でね、出合ったんです。

「えっちな水着」を着たおんなの子に。レジの横にこっちを向いて突っ立ってるじゃないですか。おいらに微笑みかけてますし。も、もしや「ぱふぱふ」か?


「やっと出会えたね」







って言う訳ないですね。パネルですし。おっちゃんが片付ける前に置いてただけみたいで、すぐ片付けられましたし。



MASTERはレベルが下がった!力が10下がった。素早さが20下がった。テンションが100下がった。現実は厳しいを覚えた!
ふられた時の傷ついた言葉。


そんな話をスタッフとしてました。皆さんもさぞかし、いろいろな恋愛経験をお持ちのコトでしょう。んでね、傷つく言葉BEST1は何なのかって話になったんですよ。

例えばね、「重い」。
一生懸命尽くしたのに、それが相手にとって不快だったと。傷つきますね。決して体重じゃない。体重だったら、違う意味で立ち直れないかもしれない。乗った時?乗った時か?って。

例えば「他に好きな人が出来た」。
おいら的には諦めがつきます。だっておいらよりもステキな人ってたくさんいるから。自分の努力不足だからね。しょーがない。こーゆー時に無くして初めて大事な物がわかるんでしょうね。もっと努力すればよかったって。転ばぬ先の杖ってカンジでしょうか。

例えば「キライになった」。
キライになった理由があるんでしょうね。しょーがない。体重ではない。

まぁ、100回フられれば、100回傷つき、100通りの言葉を頂くんでしょうが、スタッフとの論議の結果、「ASIGAN杯 フられた時に傷つく言葉」第一位は次のように決まりました。






「飽きた」


まさに、全ての努力を無にしてしまうお言葉です。
光陰アローのごとし。


もう2月ですか。

つい最近、正月だったような気がしないでもありませんが、本当に早いもんです。あまりにも変化が早いと、以前の出来事が夢のようです。正月に食べたモチとか、少ない体重だった頃の時とかね!

そうそう、体重現在2.2キログラム減です。これまた早いダイエットです。早いリバウンドが来ないように気をつけなくちゃね。

がんばります。

下は世界一高価な世界一早いバイクです。お楽しみあれ。
お客さんが帰られた後、外を見ました。


雪がチラホラと。あぁ・・冬なんだなぁって思った。暖冬だと言われててなかなか冬を感じさせない今年の冬なのですが、夜空を見上げて冬を感じました。

冬を感じる。例えばチラホラと降る雪をみながら彼女と冬空を見上げる。二人の手には温かいホットミルク。そして二人の首に巻かれた彼女の手編みのマフラー。

「冬だね・・・」

「うん・・・」

二人の間には言葉はいらない。


みたいな妄想(冬バージョン)がこみ上げてきました。

そんな妄想から現実に引き戻すかのように、スタッフが一言。

「早く帰らないとヤバいんじゃないですか?」

そうなんです。おいらの家と店の距離は18kmあります。たったの18km。でもね、積雪の違いがハンパじゃないんです。家はどっさりと積もってる可能性があるんです。

お店では「積雪はしない!」って断言できるほどの降雪量。ほんとにチラホラだったんです。

人間ってーのは安易な生き物でして、目の前の現実しか受け入れられない。たまには目の前の現実で体重計の表示とかが受け入れられない場合もありますが、ビビるほどの降雪じゃないんです。「オラ、ワクワクすっぞ!」と言うほどの降雪じゃない。

でもね、ひどくなっちゃ困るんで、後片付けを早めに済ませ、車に乗り込みました。

「これくらいじゃ積もらないだろう」

と思いながら車を発車させました。

10数分後・・・

070202_010625.jpg


前見えねーぞ。

早めに帰って正解でした。朝玄関を開けると

070202_082731.jpg


そこはもう雪国でした。オラ、ワクワクすっぞ!
// ホーム //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。