プロフィール

ASIGAN MASTER

Author:ASIGAN MASTER
MAGICは妄想力だ!

MAGIC BAR ASIGAN
滋賀県甲賀市水口町北泉1丁目50-2
OPEN 20:00
CLOSE 25:00


訪問者数

現在の閲覧者数

星が見える名言集100

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ジオターゲティング


ジオターゲティング

バロメーター

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
フランス料理。


それは、おいらが十数年前憧れてた料理。やれフルコースだ、やれテーブルマナーだとか雑誌で知識を詰め込んでた時代を思い出す。その頃はノーネクタイはお断りとかお店がお客を選んでた時代でもあったんだけど、今ではそんなことはない。

そんな料理を今日は某ホテルで食べた。

ちょっと明るめの店内。案内され、指定された席に座る。案の定フォークやナイフがたくさん。店員が水を注ぎながら言う。「まずはお飲み物どうされますか?」ここでワインとか言っちゃうんだろうけど、「おいらはビール」と言う。あくまでも雰囲気に飲み込まれないぞ、おいらはこんな所に来てもいつもとかわらないんだ!をアピール。

しばらくしてビールがきた。ついでに小皿に白くて丸いものが3つ。直径は1センチ弱。ホワイトチョコレートと思しきそれに、モチロンおいらは騙されない。「これはチーズだ!」おいらの中で確信に変わったそれを口に頬張る。





バターでした・・・


ま、まぁ・・・こんなこともある。口直しにビールを飲みつつ、ごまかすために早くパン来ねーかなぁとか思いつつ前菜登場。同時に支配人も登場。今日はごきげんようみたいな話をしたんだけど、支配人の視線はバターの小皿に釘付けだったのは言うまでも無い。

前菜は1口サイズの生ハム、鴨ロース、鯛の3品。おもむろにフォークで3口で平らげる。店員が来て皿を引くときに使ってないフォークまで引いていきました。

そのあと、待ちに待ったパンとスープが登場。そのあとも料理が出され、引かれていくんだけど、明らかに使っていないフォークやナイフまでもね引かれちゃうの。




教訓。人間の知識ってアテにならない。
スポンサーサイト
<< 講習会 // ホーム // よくわかりませんが・・・ >>

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック URL
http://asiganmagic.blog68.fc2.com/tb.php/118-6632bd8f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// ホーム //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。