プロフィール

ASIGAN MASTER

Author:ASIGAN MASTER
MAGICは妄想力だ!

MAGIC BAR ASIGAN
滋賀県甲賀市水口町北泉1丁目50-2
OPEN 20:00
CLOSE 25:00


訪問者数

現在の閲覧者数

星が見える名言集100

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ジオターゲティング


ジオターゲティング

バロメーター

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ラーメンとカレーライスのどっちかって聞かれたらカレーライスなんだけど、今日はラーメンのお話。


ラーメンの美味しかったというおいらの最古の記憶は、小学校の頃、家の近くにラーメン屋さんが出来た時のこと。TVやマンガでしか見なかった名前。そうその名も「来々軒」。今となってはお約束的な名前なのだが、純粋な子供心にはその「来々軒」が高級料理店にも匹敵する店名だった。ギャートルズのマンモスの肉みたいに憧れてた。

ある日、その「来々軒」に親父が連れて行ってくれるというイベントが発生。親父は元来からの頑固者で、そんなおいらにメシを食べに連れて行ってくれるなんてことは一大イベントで、子供の頃に凄く嬉しかったという記憶がある。

「来々軒」は自宅から徒歩10数分くらいのところで、歩いて行くことに。店までの道中、頑固な親父がそんな楽しいイベントを発生させた心境がわからずに一言も話さなかったことも覚えている。道中にある電柱に立てかけられているエロ看板がそうさせたのかもしれない。いや違う。

子供の頃のおいらにとっては親父という存在は、悪魔よりも恐ろしい存在で、機嫌を損ねようものなら1ヶ月は口もきいてくれなかったし、なにより大きな声が怖かった。

そんな親父と「来々軒」へ到着。


定休日でした。


シャッターが閉められた店前で立ち尽くす親子。機嫌が悪くなる親父に殺されるかと思い、機嫌をとるおいら。そんなおいらを無口で違う方向に連れて行く親父。

着いた先は違うラーメン屋さんでした。今まで無口だった親父が一言。

「よそが閉まってたから来たとか言うなよ」

ようやく発してくれた言葉。そんな体裁を繕う言葉でも掛けてくれる言葉が嬉しかった少年時代。忠実に守るおいら。しかし憧れの「来々軒」でのラーメンが食えず、2人ともちょっぴり意気消沈。しかし、20年近くも経っても覚えている出来事。頑固な親父が連れて行ってくれたラーメンの味は今でも忘れないって言いたいとこだけど、すっかり忘れてる。

そんな事を店終了後見つけたラーメン屋さんで思い出した。店構えも良く似ていた。隣では酔いつぶれたおっさん。そんな思い出をかみ締めながら食べたラーメンは美味しかった。
スポンサーサイト
<< 期待 // ホーム // 飽きるということ >>

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック URL
http://asiganmagic.blog68.fc2.com/tb.php/146-26294e83
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// ホーム //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。