プロフィール

ASIGAN MASTER

Author:ASIGAN MASTER
MAGICは妄想力だ!

MAGIC BAR ASIGAN
滋賀県甲賀市水口町北泉1丁目50-2
OPEN 20:00
CLOSE 25:00


訪問者数

現在の閲覧者数

星が見える名言集100

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ジオターゲティング


ジオターゲティング

バロメーター

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ふと思ったんです。


MAGICって何のためにやってるんだろうって。

確かに昔っからMAGICが好きだった。生まれて初めて読んだMAGICの本も生まれて初めてやったMAGICも覚えている。

初めて読んだ本は20数年前のいつか(←すっかり忘れている)、いや小学校低学年の頃なんだけど、学校を休んだ友達にプリントを持ってった時にその友達の家で読んだ「忍者とマジックの秘密」だった。多分そんな名前。学研かなんかの本だったと思う。MAGICと同時に忍者のことも好きになった。確か、同じ本を親に頼んで買ってもらった記憶がある。カバーがボロボロになって取れた後も大事に本棚にしまっていた。

そして、初めてやったMAGICはその本に載ってたMAGICで友達が転校するってんで、送別会の時にやったMAGIC。空瓶の上で10円玉が動くというやつ。いまでも鮮明に覚えている。

数年前から本格的に専門的なことをやり始めたんだけど、ちょっとしたMAGICや不思議なことは昔から好きだった。

そんなことを思い出してたら、ちょっと思ったんですよ。おいらはおいらが不思議なことを出来るのを人に自慢したいのかなって。コインが消せる。これを人に自慢したい。不思議やろ?凄いやろ?って。

なぜこんな事を考えたかってゆーと、ちょっとしたキッカケがあったんで、考えさせられました。それは、同じマジックでも演じてる人が愉しんでるMAGICもあれば、お客さんが大爆笑するMAGICにもなることに気がついたんです。

結論なんだけど、確かにMAGICが好きな人もいるだろう。見るのが好き。演じるのが好き。MSGICの特殊な考え方が好き。でもね、今のおいらは「相手が愉しんでもらえるのが好きだからMAGICが好き」。

多分、相手がいなかったらMAGICに没頭しなかったって思う。MAGICそれ自体は不思議なことなんでしょうけど、相手が楽しめないMAGICは確かに今、演じていない。新ネタを思いついたり、購入したりしても「アカンな」って思ったら、演じてないもんね。

人を愉しませる。その手段としてのMAGIC。今考えるとMAGICを始めた理由が本末転倒なことになっちゃうけど、改めて考えて今ハッキリと言える。

おいらがMAGICを続けている明確な理由。


「より多くの人を愉しませるために」


たまには、初心に戻ってハッキリさせると気持ちが新鮮になっていいのかもしれない。
スポンサーサイト
<< ASIGANイベント4 // ホーム // クセになりそう >>

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック URL
http://asiganmagic.blog68.fc2.com/tb.php/247-d53f523c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// ホーム //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。